池袋暴走事故初公判

2020年10月15日 · 未分類

2020年10月8日、池袋暴走事故初公判が東京地裁で始まり、飯塚被告は車両を暴走させた原因について、ブレーキとアクセルの踏み間違えとする捜査側主張に対し、自動車の何らかのトラブルによる暴走であるとして起訴事実を否認した。ご遺族の気持ちや検察官提出の証拠に基づいて考えると、飯塚被告の否認は多くの国民の理解を得られていないようである。
当職はご遺族らとともに現場を訪れ、実際に現場の道路をプリウスで運転してみて飯塚被告が異常な加速で事故が発生させていることは間違いがないと確信している。

このコラムでは初公判で飯塚被告の否認が、反省の度合いを示すバロメーターとすることについて疑問を述べる。
飯塚被告の本心を知るすべが誰にもない。本人のみが知っているのだろう。弁護士の介在による否認という説もメディアは流れている。
当職の推定でも、おそらくは高い確率で飯塚被告はアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えをしていると考えている。
しかし、当職がそのように考える客観的証拠はない。単に30年以上自動車を運転してきた経験に基づき、現場の道路を走行してみた結果である。

仮に本当は飯塚被告がアクセルとブレーキの踏み間違えをしたかもしれないのに、それでも飯塚被告が本心から踏み間違えをした覚えはない、と記憶していた場合、私たち部外者は飯塚被告にどのようなことを望むのでしょうか?
警察が捜査した結果を基本とする検察官提出の証拠があるのだから、踏み間違えをした記憶がなくても、それは記憶違いであり、ご遺族の気持ちや結果の重大性を鑑みれば、飯塚被告は否認すべきではない、ということになるのでしょうか?

これは警察や検察官が作成した捜査書類が絶対に正しいということを前提にしているから生まれる発想である。。
しかし、当社は日本全国の加害者側からも被害者側からも交通事故調査の依頼を受けているが、加害者側であれ被害者側であれ多くの事件事故当事者は、警察や検察の捜査書類を殆ど全くと言っていいほど信用していない。
事件事故当事者の中には、警察は捜査的に無能な集団であると言い切る人さえいる。この警察作成書類を何の疑問も持たずに受け取る検察官には、裁判の有無(起訴、不起訴)を決める権限を持たせること自体が不適切であるという主張もよく聞く。

或いは目撃証人さえいれば、自分たちは裁判で救われたのに、という事故当事者も多く見ている。
反対に目撃証人があやふやで的を射ぬ証言をしているのに、何の証拠もなくただ「見た人がいる」という証言のみで裁判が進められていることを直接経験した当事者もたくさんいることも事実である。

IMG_2480

IMG_2481

IMG_2482

IMG_2483

捜査結果について、本心から捜査結果を信用していない者にとっては被害者側であれ、加害者側であれ素直に信用して受け入れることができないのである。
その理由は、捜査の未熟性のみならず、捜査機関によるデータの捏造、自動車会社によるデータの捏造など事件処理の根幹を脅かす事件が実際に発生していることも要因になっていると思う。

当社は、今回の捜査結果が被害者側に有利に働くからその時は、捜査結果を信用しましょう、とか、今回の捜査結果で不利に働く部分は信用しないことにしましょうなどと、人の生命身体財産に関わる事件事故の証拠の信用性を当事者の立場上の都合で変えてはいけないと考えている。
現実的には、民事裁判、刑事裁判とも都合の悪い証拠は双方が出さないを原則として進められているから、当社と依頼人との間で意見の対立が生じる場合もあるのだが。

裁判の進行については法律家に任せるとして、当社は、提出された証拠について全ての事件事故当事者が真に内容を納得することから加害者の反省も始まるし、被害者の救済も始まると考えている。

その上で飯塚被告が検察官提出にかかる証拠についてどう感じて、否認しているのかを考えたい。

実は、この点について証拠の保全措置に関する制度が確立していないところに問題がある。
先日までメディアを賑わせていた元TOKIOの山口被告の飲酒運転事件、飲酒検知結果は0.7である。
飲酒検知結果は、重要な証拠である。
このため、警察官は呼気の採取から飲酒検知の経過、結果の確認記録、封印署名までの一連の過程を全て被疑者本人の面前で行っている。
その証拠保全措置が、任意の呼気検査を確実なものにしており、後日、被疑者が0.7も出ていなかったという否認をさせない措置を講じている。

大型トラックのタコグラフチャートを実際の運転席から抜き取る時にも、必ず運転手等の立会の下で時間等を確認し写真撮影しながら抜き取る。
覚せい剤検査も、排尿時から署名封印までの写真撮影を行い、他人の尿だという否認をさせない証拠保全措置を講じている。(それでも科捜研に尿が移動した後の経過は被疑者が知ることができないことであるが。)

しかし自動車事故でEDRのデータが重要なウエイトを占めることが想定される場合でも、捜査機関は被疑者不在のままデータの収集やデータをメーカーに移送し、解析結果をまって捜査側としてメーカーの回答を被疑者(被告)などの事件事故当事者に示すやり方が一般的である。

だから事件事故当事者が捜査側に解析データの信用性を聞いても、捜査側はメーカーが言っているので間違いない、としか回答のしようがない。
事件事故当事者が直接メーカーに問い合わせても、メーカー側は問い合わせに対応してくれない。
これでは捜査の経過やデータ内容に不信感を持った被疑者(被告)が、証拠に対して、或いは捜査に対して真に納得することができない。

捜査結果を信用しろ、メーカーの回答を信用しろというのは第三者であるから言えるのであり、事件事故当事者(特に否認や捜査結果に疑問を抱いている当事者)は、それを受け入れられないものである。

やはり事件を解明する重要な部分の証拠の解析は、終始、事件事故の当事者を立ち合わせて、解析の経過を丁寧に説明しながら結論を出す制度を考える時期にきていると思う。

メディアに登場する多くのコメンテーターやYouTubeの中には、もし飯塚被告が検察官の証拠を信用できないのでれば、否認する根拠理由を自ら証明すべきだとする意見もある。
これは最もらしい正義の意見のように見えるが、極めて無責任な意見で現実的ではない。
現制度下では、被疑者(被告)であれ被害者であれ、事件事故当事者が自らの証拠を収集し、収集したデータを解析して証明の結論を出すことはできない。
そもそも重要な証拠物は捜査側に押収されており、事件事故当事者が自由に見て触れることができない。

仮に飯塚被告に事故を起こした事故車そのものを預けたところで、車の正常、異常を解析することなどできない。
被害者やご遺族にしても、事故車を渡されてもお手上げである。
やはり事故車の解析にはメーカーの資機材と知識に頼らざるを得ない。
だからこそ、車の解析結果が事件の真相究明に大きな影響を及ぼすならば、その解析過程には捜査側と捜査側が選任した立会人のみならず、被疑者(被告)側、被害者側の両当事者を参加させる必要があると思う。
特に過失犯の否認事件では、防犯カメラ映像や自動車のEDRデータなど客観的データの解析過程も含めて、当事者に対し体験記憶や認識に誤りであることを丁寧に説明する義務は捜査側にあると思う。

制度的に被告が完全否認を継続したままでも有罪判決となる。
当職が扱った否認事件でも、裁判官は「あなたは事件を否認していますが、当裁判所の判断は有罪です。」と述べ事件が終結している。
被害者遺族にとって刑事裁判で被告が否認したままでも裁判上は有罪になった方が、判然としない証拠で無罪判決になるよりは当然いい。
しかしそれでは、被害者遺族が求める心の中からの反省と適正な処罰、被害者の適正な救済は得られないと思う。
被告にしても裁判制度上、有罪とされたから仕方ないが、今でも自分に過失はないと確信している、と言い聞かせ刑期が過ぎるのを待つだけとなる。

結局、証拠は誰のものなのか、というこれまでに多くのご遺族が訴えてきた部分の制度化の問題である。
例え公的機関が作成した書面と言えども、秘密裏にまとめられた書面に信用性が得られるほど、現在の捜査機関が作成、提出している書面は加害者にとっても被害者にとっても信用性は高くない。

重要な証拠は、加害者にも被害者にも有利不利に作用する場合がある。
しかしそれが証拠だと当社は考えている。

連日、池袋暴走事故に関する記事を見ていると、事故防止の必要性は当然ながら証拠保全の在り方の制度化や証拠の共有性議論は欠かせないと思いながら、事件の自認、否認と世論の評価を感じている。

コメントは受け付けていません。タグ :

元TOKIO山口達也による飲酒交通事故

2020年09月23日 · 未分類

IMG_2457

9月22日、元TOKIOのメンバー山口達也容疑者が東京都練馬区の道路で飲酒の上、大型自動二輪車を運転し信号で停止している前の車に追突する事故を起こして現行犯逮捕された。
山口容疑者からは、呼気1リットル当たり0.7ミリグラムのアルコールが検知された。

政令で定められた酒気帯び運転の検挙基準が0.15ミリグラムであるから、検挙基準の約5倍のアルコール量ということになり今後は常習的に飲酒状態になっていたのか、いつ、どこで、誰と、どんな理由で飲酒をして、事故の時は何処へ向かおうとしていたのかなどが捜査の焦点になってくる。
もちろん向かおうとしていた先にいた人が、飲酒運転でバイクを運転して来る容疑者の実態を把握していたのかなども捜査の対象になる。

ところで今回の山口容疑者の飲酒交通事故を受けて、酒気帯び運転と酒酔い運転の違いについて多くのメディア関係者から問い合わせがある。
多かったのは、今後捜査が進むにつれて酒気帯び運転から酒酔い運転に変更して送致されることがあるのか、という内容でる。

この点について、山口容疑者は事故現場において臨場した警察官に酒気帯び運転で現行犯逮捕されているため、捜査が進展したからと言って今後、罪名が酒酔い運転に変わることはない。
現行犯逮捕とは、現に罪を行い、または行い終わった者(現行犯人)については、犯罪事実に絶対間違いがないから逮捕状がなくてもその場で逮捕できるという逮捕手続きである。
現場に臨場した警察官が、山口容疑者について現に酒気帯び運転で事故を起こした者と判断し、酒気帯び運転の事実に絶対間違いないという状況であったから逮捕したもので、捜査が進展したからと言って現行犯人と認めた理由が変わることがない。

事件全体の流れの中で変更になる要素としてあるのは、現時点では追突された方に怪我がないため、山口容疑者の犯罪時事は飲酒運転の上で物損事故を起こした事実であるが、今後仮に追突された方から医師の診察による診断書が提出された場合には、飲酒運転と自動車運転過失傷害罪という罪名になる点である。

捜査の方法について、警視庁から送致を受けた検察官が勾留請求をして身柄を拘束した上で捜査を継続するのか、勾留の必要性はないと判断し身柄を釈放した上で任意捜査にするのかを判断することになる。
口裏合わせなどの証拠隠滅行為や逃亡の恐れがなければ単純な飲酒事故では釈放して在宅に切り替えるのが一般的である。

釈放されたからと言って刑事上、行政上の責任が軽減されるものではなく本人にとって失う代償は大きい。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通死亡ひき逃げ事故・否認事件民事判決

2020年06月26日 · 未分類

IMG_2293

当社が関わり鑑定書を作成している交通死亡ひき逃げ事故・否認事件の民事裁判判決が6月22日、岐阜地方裁判所であった。

事件の経緯はジャーナリスト柳原三佳氏がヤフーニュースで詳細に記事にしているから参考にされたい。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20200625-00185014/

この事故は2014年6月12日、被害歩行者の岡田紀子さんが横断歩道を歩行中に被告車両に跳ねられ死亡し、被告車両は救護措置等を取らずに現場を立ち去り、その後の捜査で被告車両の血痕付着状況等でが認められた車両を押収した上で、6月18日、被告車両を運転していた女性を逮捕した。
もちろん岐阜県警の捜査の経過や逮捕の必要性があるからこそ、裁判官は被疑女性に対する逮捕状を発付したのである。

被告女性は、事故への関与を否認し続け、理由を定かにしていないが岐阜地方検察庁検察官は被告女性を不起訴処分(裁判を求めない処分)とし、岐阜検察審査会も検察官の不起訴処分を支持する決定をした。

当社は、ご遺族と事件を担当した名古屋南部法律事務所の高森裕司弁護士からの依頼を受け、司法解剖所見、DNA型鑑定結果、防犯カメラ映像解析等、警察捜査記録を精査し多角的視点から否認を続ける被告運転車両が事故を起こした唯一の車両であるとする結論の調査報告書を作成した。

しかし、岐阜地方検察庁検察官は交通死亡ひき逃げ事故の被告として起訴しない方向性定を維持している。
当社として、まだまだ力不足であったかと反省をしたいところであるが、事件の記録を見てもどこを反省すれば良かったのかわからなかった。

事件は民事裁判へと移り、当職も証人尋問を受け審議が続いていたが6月22日、岐阜地方裁判所民事2部で判決公判があった。
判決分で裁判官は、長年交通事故捜査に従事していた佐々木の調査報告書内容は合理的で信用できるとして、被告女性の100%過失を認定し損害賠償を命じ、刑事と民事で異なる司法の判断となった。

ご遺族は、今後も被告には適正な法の処罰を求めており、当社でもまだやりつくせていない部分があるのであれば応援したいと考えている。

例え刑事上で不起訴処分となっても、諦めてはいけないと実感した。
これまで多くのご遺族と、苦しい裁判に関わってきたが、最後まで諦めないご遺族の力はなによりも大きいと感じている。
多くの支援者の皆様、ありがとうございました。

岡田紀子様のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントは受け付けていません。タグ :

軽傷の診断が招く交通事故の危険性

2020年05月30日 · 未分類

5月28日、さいたま市で自転車の高齢男性が軽自動車に跳ねられる事故が発生し、救急搬送された。
この事故で自転車の男性は軽傷と診断されたが、帰宅後から容態が変化し29日未明に死亡した。

当社では同様の事故案件を3件取り扱い、現在も調査は継続中である。現職の頃から数えると5件ほどになる。
そのうち1件は、交通事故と死亡との因果関係の証明が困難であるとして、自動車運転手の刑事責任は見送られている。

速度をもった自動車と自転車や歩行者の事故では、安易に軽傷との診断は避けるべきではないかと考えます。
人の体に対して、アスファルト路面が凶器となることは十分にあり、自動車との直接衝突による負傷程度よりも遥かに大きい傷害をあたえることは頻繁にある。

自動車運転手の刑事処罰が困難になるからという理由ではなく、生命の安全を第一に考え経過観察の入院は必要だと思う。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通事故調査

2020年05月30日 · 未分類

ヘッドライトの照射範囲について
IMG_1919

夜間の交通事故ではヘッドライトの照射範囲が重要なウエイトを占める事故態様がある。
同じ自動車であっても、すれ違い用照射と走行用照射では大きく見え方が異なり、また同じすれ違い用照射でもカットオフラインの位置を変化させることでも違いがある。

単純にすれ違い用照射では、約40m前方を照射するとは言えず、当社が実施した軽自動車、普通乗用車、大型トラックを用いた実験では自動車の先端から12m先の路面を照射する車種もあった。
もちろん、12m以上遠方に光が届いているが路面から離れること光量が極端に少なくなり、黒系の着衣を着ている場合では確認が困難であった。

IMG_1920

また左右方向の照射範囲も大きく異なり、すれ違い用照射では左方への照射範囲が右方への照射範囲に比べて狭い。
これらは車種によっても異なる。

夜間のヘッドライトの照射範囲が問題になる交通事故では、できる限り正確に照射範囲を明らかにする必要がある。

IMG_1921

コメントは受け付けていません。タグ :

死亡事故調査・鑑定

2020年03月24日 · 未分類

IMG_1859

静岡の事故調査から戻り、新潟へ向かう。
今年2回目の新潟。

宮城県警を退職して現在の会社を立ち上げてから、全国各都道府県警察官が作成する実況見分調書や捜査報告書を読む機会があります。
司法書類等の書式は、実は全国共通ではありません。

慣れないと読みにくい書式を使用している都道府県もありますが、この点、新潟県警の書式は大変読みやすい。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通死亡事故調査

2020年03月24日 · 未分類

IMG_1857

久しぶりのブログ更新。
世界中、新型コロナウィルスの影響でロックアウトのようです。
当社でも大幅に現地調査予定を変更を強いられております。

そんな中、新たに静岡県へ死亡事故調査となる。
今回は大量の実験資機材の搬送が必要になり、仙台から往復での移動となる。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通事故、交通違反と逮捕

2019年12月09日 · 未分類

池袋暴走死亡事故の飯塚被疑者が逮捕されなかった理由について少しずつメディアでも放送されるようになり、多数市民の理解が得られていないにせよ警視庁の捜査としては適性な捜査の段階を踏んでいることが浸透しているように感じていました。

それでもまだ同種事故、違反でも逮捕される場合と逮捕されない場合の線引きがあるのは何故か?という問い合わせが時々あります。

ここでは主として事故、違反の現場に臨場した警察官が逮捕する現行犯逮捕について説明します。

事故、違反現場において犯罪が行われてから時間的、場所的に現行犯逮捕できる状況にあるのかが大切な判断基準になります。
犯罪との現行性がない途切れた場合などが現行犯逮捕ができません。

個々の犯罪ごとの被疑者の言動、態度、犯行の態様、傷病の程度や有無などから、現場に臨場した警察官が「逮捕必要性がある」と判断したなら現行犯逮捕します。
※現場の警察官の判断です。事件ごとの一定の逮捕基準があるわけではありませ。
この被疑者は現場で逮捕しなければ、後の捜査に影響を与えると判断したことが基準です。

つまり現行犯逮捕は、現場に臨場していない警察署で待機している上司、同僚に対して「現行犯逮捕してもよろしいですか?」と伺いをたてるものではありません。伺いを立てられても現場の状況がわからない者は逮捕の要不要の判断ができないのです。
現場にいるお前が逮捕する必要があると判断したら逮捕しろ、という回答しかできません。

逮捕は人の身柄を拘束する手続きで、同じ犯行態様、被害程度であっても、それらを勘案した上で被疑者の境遇(立場)がそれぞれに異なるから逮捕される場合と逮捕されない場合の違いが生じます。

裁判官に逮捕状を請求する通常逮捕と逮捕の大きな違いです。
現行犯逮捕は警察官に限らず私人も犯人を逮捕することができます。
しかし通常逮捕は警察官であっても指定司法警察員という指定を受けた警察官でなければ裁判官に逮捕状を請求することができません。
捜査機関として逮捕の必要性の判断についての責任を持たせるためです。
ここでは詳細に触れません。

コメントは受け付けていません。タグ :

事件事故の罪名とは

2019年09月19日 · 未分類

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故と罪名変更について

罪名変更による時効延長というニュースがとてもインパクトがあり、どこか裏技的な響きを受けますが、交通事故事件に限らず捜査の過程では罪名変更が頻繁に行われており、特異なことではありません。

自動車運転過失傷害で捜査していたが捜査の途中で被害者が死亡すると自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。

自動車運転過失致死の疑いで捜査していたが捜査を進めてみると危険運転の疑いが浮上すれば危険運転致死に罪名を切り替えます。

逆もあります。
危険運転致死の疑いで捜査を開始したが捜査の過程で立件困難となれば自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。

当初は物損事故で処理していたが、後日診断書が提出されると人身事故(自動車運転過失傷害)に罪名を切り替えます。

刑事事件でも同じです。
傷害罪で逮捕したが被害者が途中で死亡すると傷害致死に切り替わり、殺意が認められると殺人に切り替わります。

単純な万引き(窃盗)でも怪我をさせると強盗に切り替わります。

被疑事実の罪名は、人が死亡した、怪我をさせた、財物を盗んだなど表面上の結果は同じでも、犯罪現場の状況や行為などの捜査の過程で常に変更されるのです。

今回の埼玉県警と熊谷警察署長は現場の状況等を詳細かつ総合的に判断して危険運転致死容疑が浮上したために危険運転致死被疑事件として捜査を継続する決定をしたものです。

コメントは受け付けていません。タグ :

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故・速報

2019年09月18日 · 未分類

埼玉県警と熊谷署捜査本部は2009年9月30日発生し、今日まで未検挙となっている熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故について、捜査容疑をこれまでの自動車運転過失致死から危険運転致死容疑に切り替えたことを明らかにした。

これにより今月30日となっていた時効が10年延長されることになった。

AB4C2883-C35D-495E-B18F-C312C3C22743

コメントは受け付けていません。タグ :