交通死亡ひき逃げ事故・否認事件民事判決

2020年06月26日 · 未分類

IMG_2293

当社が関わり鑑定書を作成している交通死亡ひき逃げ事故・否認事件の民事裁判判決が6月22日、岐阜地方裁判所であった。

事件の経緯はジャーナリスト柳原三佳氏がヤフーニュースで詳細に記事にしているから参考にされたい。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20200625-00185014/

この事故は2014年6月12日、被害歩行者の岡田紀子さんが横断歩道を歩行中に被告車両に跳ねられ死亡し、被告車両は救護措置等を取らずに現場を立ち去り、その後の捜査で被告車両の血痕付着状況等でが認められた車両を押収した上で、6月18日、被告車両を運転していた女性を逮捕した。
もちろん岐阜県警の捜査の経過や逮捕の必要性があるからこそ、裁判官は被疑女性に対する逮捕状を発付したのである。

被告女性は、事故への関与を否認し続け、理由を定かにしていないが岐阜地方検察庁検察官は被告女性を不起訴処分(裁判を求めない処分)とし、岐阜検察審査会も検察官の不起訴処分を支持する決定をした。

当社は、ご遺族と事件を担当した名古屋南部法律事務所の高森裕司弁護士からの依頼を受け、司法解剖所見、DNA型鑑定結果、防犯カメラ映像解析等、警察捜査記録を精査し多角的視点から否認を続ける被告運転車両が事故を起こした唯一の車両であるとする結論の調査報告書を作成した。

しかし、岐阜地方検察庁検察官は交通死亡ひき逃げ事故の被告として起訴しない方向性定を維持している。
当社として、まだまだ力不足であったかと反省をしたいところであるが、事件の記録を見てもどこを反省すれば良かったのかわからなかった。

事件は民事裁判へと移り、当職も証人尋問を受け審議が続いていたが6月22日、岐阜地方裁判所民事2部で判決公判があった。
判決分で裁判官は、長年交通事故捜査に従事していた佐々木の調査報告書内容は合理的で信用できるとして、被告女性の100%過失を認定し損害賠償を命じ、刑事と民事で異なる司法の判断となった。

ご遺族は、今後も被告には適正な法の処罰を求めており、当社でもまだやりつくせていない部分があるのであれば応援したいと考えている。

例え刑事上で不起訴処分となっても、諦めてはいけないと実感した。
これまで多くのご遺族と、苦しい裁判に関わってきたが、最後まで諦めないご遺族の力はなによりも大きいと感じている。
多くの支援者の皆様、ありがとうございました。

岡田紀子様のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントは受け付けていません。タグ :

軽傷の診断が招く交通事故の危険性

2020年05月30日 · 未分類

5月28日、さいたま市で自転車の高齢男性が軽自動車に跳ねられる事故が発生し、救急搬送された。
この事故で自転車の男性は軽傷と診断されたが、帰宅後から容態が変化し29日未明に死亡した。

当社では同様の事故案件を3件取り扱い、現在も調査は継続中である。現職の頃から数えると5件ほどになる。
そのうち1件は、交通事故と死亡との因果関係の証明が困難であるとして、自動車運転手の刑事責任は見送られている。

速度をもった自動車と自転車や歩行者の事故では、安易に軽傷との診断は避けるべきではないかと考えます。
人の体に対して、アスファルト路面が凶器となることは十分にあり、自動車との直接衝突による負傷程度よりも遥かに大きい傷害をあたえることは頻繁にある。

自動車運転手の刑事処罰が困難になるからという理由ではなく、生命の安全を第一に考え経過観察の入院は必要だと思う。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通事故調査

2020年05月30日 · 未分類

ヘッドライトの照射範囲について
IMG_1919

夜間の交通事故ではヘッドライトの照射範囲が重要なウエイトを占める事故態様がある。
同じ自動車であっても、すれ違い用照射と走行用照射では大きく見え方が異なり、また同じすれ違い用照射でもカットオフラインの位置を変化させることでも違いがある。

単純にすれ違い用照射では、約40m前方を照射するとは言えず、当社が実施した軽自動車、普通乗用車、大型トラックを用いた実験では自動車の先端から12m先の路面を照射する車種もあった。
もちろん、12m以上遠方に光が届いているが路面から離れること光量が極端に少なくなり、黒系の着衣を着ている場合では確認が困難であった。

IMG_1920

また左右方向の照射範囲も大きく異なり、すれ違い用照射では左方への照射範囲が右方への照射範囲に比べて狭い。
これらは車種によっても異なる。

夜間のヘッドライトの照射範囲が問題になる交通事故では、できる限り正確に照射範囲を明らかにする必要がある。

IMG_1921

コメントは受け付けていません。タグ :

死亡事故調査・鑑定

2020年03月24日 · 未分類

IMG_1859

静岡の事故調査から戻り、新潟へ向かう。
今年2回目の新潟。

宮城県警を退職して現在の会社を立ち上げてから、全国各都道府県警察官が作成する実況見分調書や捜査報告書を読む機会があります。
司法書類等の書式は、実は全国共通ではありません。

慣れないと読みにくい書式を使用している都道府県もありますが、この点、新潟県警の書式は大変読みやすい。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通死亡事故調査

2020年03月24日 · 未分類

IMG_1857

久しぶりのブログ更新。
世界中、新型コロナウィルスの影響でロックアウトのようです。
当社でも大幅に現地調査予定を変更を強いられております。

そんな中、新たに静岡県へ死亡事故調査となる。
今回は大量の実験資機材の搬送が必要になり、仙台から往復での移動となる。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通事故、交通違反と逮捕

2019年12月09日 · 未分類

池袋暴走死亡事故の飯塚被疑者が逮捕されなかった理由について少しずつメディアでも放送されるようになり、多数市民の理解が得られていないにせよ警視庁の捜査としては適性な捜査の段階を踏んでいることが浸透しているように感じていました。

それでもまだ同種事故、違反でも逮捕される場合と逮捕されない場合の線引きがあるのは何故か?という問い合わせが時々あります。

ここでは主として事故、違反の現場に臨場した警察官が逮捕する現行犯逮捕について説明します。

事故、違反現場において犯罪が行われてから時間的、場所的に現行犯逮捕できる状況にあるのかが大切な判断基準になります。
犯罪との現行性がない途切れた場合などが現行犯逮捕ができません。

個々の犯罪ごとの被疑者の言動、態度、犯行の態様、傷病の程度や有無などから、現場に臨場した警察官が「逮捕必要性がある」と判断したなら現行犯逮捕します。
※現場の警察官の判断です。事件ごとの一定の逮捕基準があるわけではありませ。
この被疑者は現場で逮捕しなければ、後の捜査に影響を与えると判断したことが基準です。

つまり現行犯逮捕は、現場に臨場していない警察署で待機している上司、同僚に対して「現行犯逮捕してもよろしいですか?」と伺いをたてるものではありません。伺いを立てられても現場の状況がわからない者は逮捕の要不要の判断ができないのです。
現場にいるお前が逮捕する必要があると判断したら逮捕しろ、という回答しかできません。

逮捕は人の身柄を拘束する手続きで、同じ犯行態様、被害程度であっても、それらを勘案した上で被疑者の境遇(立場)がそれぞれに異なるから逮捕される場合と逮捕されない場合の違いが生じます。

裁判官に逮捕状を請求する通常逮捕と逮捕の大きな違いです。
現行犯逮捕は警察官に限らず私人も犯人を逮捕することができます。
しかし通常逮捕は警察官であっても指定司法警察員という指定を受けた警察官でなければ裁判官に逮捕状を請求することができません。
捜査機関として逮捕の必要性の判断についての責任を持たせるためです。
ここでは詳細に触れません。

コメントは受け付けていません。タグ :

事件事故の罪名とは

2019年09月19日 · 未分類

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故と罪名変更について

罪名変更による時効延長というニュースがとてもインパクトがあり、どこか裏技的な響きを受けますが、交通事故事件に限らず捜査の過程では罪名変更が頻繁に行われており、特異なことではありません。

自動車運転過失傷害で捜査していたが捜査の途中で被害者が死亡すると自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。

自動車運転過失致死の疑いで捜査していたが捜査を進めてみると危険運転の疑いが浮上すれば危険運転致死に罪名を切り替えます。

逆もあります。
危険運転致死の疑いで捜査を開始したが捜査の過程で立件困難となれば自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。

当初は物損事故で処理していたが、後日診断書が提出されると人身事故(自動車運転過失傷害)に罪名を切り替えます。

刑事事件でも同じです。
傷害罪で逮捕したが被害者が途中で死亡すると傷害致死に切り替わり、殺意が認められると殺人に切り替わります。

単純な万引き(窃盗)でも怪我をさせると強盗に切り替わります。

被疑事実の罪名は、人が死亡した、怪我をさせた、財物を盗んだなど表面上の結果は同じでも、犯罪現場の状況や行為などの捜査の過程で常に変更されるのです。

今回の埼玉県警と熊谷警察署長は現場の状況等を詳細かつ総合的に判断して危険運転致死容疑が浮上したために危険運転致死被疑事件として捜査を継続する決定をしたものです。

コメントは受け付けていません。タグ :

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故・速報

2019年09月18日 · 未分類

埼玉県警と熊谷署捜査本部は2009年9月30日発生し、今日まで未検挙となっている熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故について、捜査容疑をこれまでの自動車運転過失致死から危険運転致死容疑に切り替えたことを明らかにした。

これにより今月30日となっていた時効が10年延長されることになった。

AB4C2883-C35D-495E-B18F-C312C3C22743

コメントは受け付けていません。タグ :

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故

2019年09月16日 · 未分類

9月12日テレビ朝日スーパーJチャンネルで熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故の特集が放送された。

当社は2台の車が事件に関与している可能性を説明していたが、番組スタッフの独自の取材中に1台目の存在を疑う目撃情報が得られた。

F0B55AF8-5202-496A-9924-A0BD74E31611

まだ埋もれている情報が地域内に隠れている可能性がある。
重複情報や噂でもいい、ご遺族は連絡を待っている。

D23ADEAB-97D7-4C96-BA37-CFDDF3D96745

コメントは受け付けていません。タグ :

未解決死亡ひき逃げ事故を説明

2019年09月11日 · 未分類

第二議員会館
衆議院
竹本直一議員と面会

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事件についてご遺族とともに竹本直一議員に現状の問題点を報告しに伺う。

本案件は司法解剖が行われたが、それを前提に下記の問題ある。

時効の期間は罪名によって異なる。
本案件では時効成立前に検察官送致しなければならない被疑事実を、自動車運転過失致死とする明確な捜査結果が得られていないこと。
送致前の被疑事件では過失運転致死被疑事件の他にも、より量刑の重い他の被疑事実事件があること。
しかし過失運転致死被疑事件の罪名だけが一人歩きして時効問題が浮上していること。

犯罪捜査を簡記すると

被疑事件の認知→被疑者の特定→被疑事実の証明→被疑事件の送致

これがプロセスである。

現状は事実を知る被害者が死亡し、被疑者特定と被疑事実の証明がないまま自動車運転過失致死被疑事件として送致を迎えようとしており、時効が迫っているところにご遺族は問題提起している。

議員からは今月19日に開かれる交通安全議員連盟の場で議題にする意向を確認した。

19日の議員連盟には法務省、警察庁も出席予定。

結果に大きな期待は持てないが人事を尽くし、国レベルで動いているというところである。

報道各社も高い関心を示し全社で対応してくれている。

6F8C6E35-43B6-45AB-947D-A4BCBE7542F3

コメントは受け付けていません。タグ :