2019年06月06日のエントリー

死亡ひき逃げ交通事故調査

2019年06月06日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

2009年埼玉県熊谷市で発生した当時小学4年生の小関孝徳君が、ひき逃げされて死亡した事件。
これまでも調査の経過をその都度、可能な限りで公開してきたが、本日6月6日、ご遺族が証拠品としてご返還された着衣の公開に合わせて調査結果を公開した。
(撮影場所:当社写場)

孝徳君は紺色のシャツとGパンを着て被害に遭った。
外見上に目立った損傷はなく、このことが捜査を難航させてきた要因の一つとなっていることは想定できる。
白色の肌着は血に染まり、腹部側は生地の色さえもわからない。
事故発生から約10年を経て、ようやくご遺族(お母さま)に戻ってきた孝徳君の遺品である。
約10年の間、証拠品として警察に保管されていた孝徳君の最期の着衣について説明を求めても、ご遺族はほとんど明確な説明を受けていない。
当社ではようやくお母さまの下に戻ってきた着衣を即時郵送してもらい特殊写真撮影を行った。
一見モノクロ写真のように見える写真が特殊写真撮影の一部である。

右肩付近から腹部を通り、左大腿部へ至る痕跡が鮮明に写し出された。
腹部側にこのような痕跡が確認されると、うつ伏せになっていた孝徳君の背中側を犯人車両のタイヤが通過して轢過したというこれまでの捜査推定に疑問が生じてくる。
当社としてはご遺族を通じて今回の着衣の調査結果の全写真を県警に提供することにしている。

[続きを読む →]

タグ :

死亡ひき逃げ交通事故調査・事件

2019年06月03日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

当社でもこれまで何度か取り上げている埼玉県熊谷市で発生した死亡ひき逃げ交通事故事件。
2009年9月30日、午後7時前ころ、小関孝徳君(当時10才)がひき逃げされて死亡した。犯人は未だ未検挙である。
当社は本年2月から最優先事件として取り組んでいるが、この程、押収されていた自転車や着衣、所持金品の証拠品がご遺族の元に返され、本格的に調査を実施している。

この約10年間、わからなかったこと、うやむやになっていたこと、結論を出せないでいたことなど、これらに結論を出す作業を繰り返している。
犯人を追い詰める手法。
当社だからこそできる調査活動である。

犯人を確保するのは警察である。
当職は埼玉県警の実力を信じている。
だから調査して判明した新たなことは、どんどん情報提供している。

犯人が最も恐れているのは、警察官ではない。
卑劣な犯人を許さない、平穏は社会生活を脅かしている犯人は一刻も早く検挙されるべきと願っている一般市民の目を犯人は恐れている。
どんな些細な情報でもいい、噂話しでも構わない。
一度情報提供したことでも構わない。
聞き手が違うと視点も異なり、新たな視点で事件を見ることができる。
熊谷市内にこだわることはない。
日本全国、どこかで犯人は怯え潜んでいる。
事件を風化させないこと、これこそが市民の目である。

[続きを読む →]

タグ :