2019年09月19日のエントリー

事件事故の罪名とは

2019年09月19日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故と罪名変更について
罪名変更による時効延長というニュースがとてもインパクトがあり、どこか裏技的な響きを受けますが、交通事故事件に限らず捜査の過程では罪名変更が頻繁に行われており、特異なことではありません。
自動車運転過失傷害で捜査していたが捜査の途中で被害者が死亡すると自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。
自動車運転過失致死の疑いで捜査していたが捜査を進めてみると危険運転の疑いが浮上すれば危険運転致死に罪名を切り替えます。
逆もあります。
危険運転致死の疑いで捜査を開始したが捜査の過程で立件困難となれば自動車運転過失致死に罪名を切り替えます。
当初は物損事故で処理していたが、後日診断書が提出されると人身事故(自動車運転過失傷害)に罪名を切り替えます。
刑事事件でも同じです。
傷害罪で逮捕したが被害者が途中で死亡すると傷害致死に切り替わり、殺意が認められると殺人に切り替わります。
単純な万引き(窃盗)でも怪我をさせると強盗に切り替わります。
被疑事実の罪名は、人が死亡した、怪我をさせた、財物を盗んだなど表面上の結果は同じでも、犯罪現場の状況や行為などの捜査の過程で常に変更されるのです。
今回の埼玉県警と熊谷警察署長は現場の状況等を詳細かつ総合的に判断して危険運転致死容疑が浮上したために危険運転致死被疑事件として捜査を継続する決定をしたものです。

[続きを読む →]

タグ :

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故・速報

2019年09月18日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

埼玉県警と熊谷署捜査本部は2009年9月30日発生し、今日まで未検挙となっている熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故について、捜査容疑をこれまでの自動車運転過失致死から危険運転致死容疑に切り替えたことを明らかにした。
これにより今月30日となっていた時効が10年延長されることになった。

[続きを読む →]

タグ :

熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故

2019年09月16日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

9月12日テレビ朝日スーパーJチャンネルで熊谷小4男児死亡ひき逃げ事故の特集が放送された。
当社は2台の車が事件に関与している可能性を説明していたが、番組スタッフの独自の取材中に1台目の存在を疑う目撃情報が得られた。

まだ埋もれている情報が地域内に隠れている可能性がある。
重複情報や噂でもいい、ご遺族は連絡を待っている。

[続きを読む →]

タグ :

未解決死亡ひき逃げ事故を説明

2019年09月11日 · コメントは受け付けていません。 · 未分類

第二議員会館
衆議院
竹本直一議員と面会
熊谷小4男児死亡ひき逃げ事件についてご遺族とともに竹本直一議員に現状の問題点を報告しに伺う。
本案件は司法解剖が行われたが、それを前提に下記の問題ある。
時効の期間は罪名によって異なる。
本案件では時効成立前に検察官送致しなければならない被疑事実を、自動車運転過失致死とする明確な捜査結果が得られていないこと。
送致前の被疑事件では過失運転致死被疑事件の他にも、より量刑の重い他の被疑事実事件があること。
しかし過失運転致死被疑事件の罪名だけが一人歩きして時効問題が浮上していること。
犯罪捜査を簡記すると
被疑事件の認知→被疑者の特定→被疑事実の証明→被疑事件の送致
これがプロセスである。
現状は事実を知る被害者が死亡し、被疑者特定と被疑事実の証明がないまま自動車運転過失致死被疑事件として送致を迎えようとしており、時効が迫っているところにご遺族は問題提起している。
議員からは今月19日に開かれる交通安全議員連盟の場で議題にする意向を確認した。
19日の議員連盟には法務省、警察庁も出席予定。
結果に大きな期待は持てないが人事を尽くし、国レベルで動いているというところである。
報道各社も高い関心を示し全社で対応してくれている。

[続きを読む →]

タグ :