警察官の当て逃げ交通事故

2015年01月17日 · 未分類

大阪府警南警察署の巡査長が、バイクで接触事故を起こし、さらに赤信号無視をして別の車に衝突した道路交通法違反の容疑で書類送検された。
巡査長は昨年12月8日、西淀川区でバイクを運転中に転倒して軽乗用車に接触する事故を起こした。
しかし、巡査長は事故後に赤信号無視をして逃走を図り、別の乗用車に衝突する交通事故も起こしたものである。

報道発表によれば、巡査長は「別の警察署に向かう途中だった」と供述しているようだ。
また、逃走の理由は「上司に叱られたくなくて逃走した」ということである。
つまり、公務中?ということだろう。

制服を着た現職の警察官が公務中に事故を起こし逃走する。
警察官という職業、身分故に
保身のために様々な証拠隠滅工作、逃走は発生しやすい職場である。

大阪府警監察室長は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしている。

県警が発表する「指導を徹底し、再発防止に努める」とは
不祥事を起こした警察官個人に指導を徹底して、二度と同じ過ちを犯さないようにすることを再発防止と言っているようなものです。

つまり、不祥事を犯した警察官本人は辞職や免職になっており、その意味では二度と同じ過ちを犯す機会が無いため、
再発防止は達成されている。

現職にある警察官に対しては「飲酒運転の絶無について」とか「非行事案の絶無について」などという通達を出して、
指導したという実績を残すにとどまっているの現状である。

飲酒、当て逃げ、ひき逃げに許される理由などない。

制服を着た警察官が公務中に

コメントは受け付けていません。タグ :

警察官の酒気帯び運転

2015年01月17日 · 未分類

警視庁池袋警察署刑事課の警部補警察官が、昨年11月25日、埼玉県飯能市で酒気帯び運転で検挙されていたことを発表した。
警部補は、勤務終了後に飲酒した後、自宅近くの駅からミニバイクを運転して帰宅途中、交通違反を犯して埼玉県警のパトカーに追跡され検挙された。

その際、警部補の呼気から基準値を超えるアルコールが検知されたものである。
この件に関して警視庁は「警察官としてあるまじき行為で再発防止に努める」とコメントをしている。

なぜこれほど、警察官の飲酒運転が横行するのだろう。
本当に疑問である。

警視庁としてのコメントも、もうそれ以外に弁解する言葉も見つからないのだろうが、それにしても
どのような再発防止策があるのかわからないがもう、当然起こるものとして諦めが感じられる。

コメントは受け付けていません。タグ :

交通事故と逮捕・勾留

2015年01月02日 · 未分類

警察が逮捕した被疑者の身柄の拘束を継続するように求める検察の「勾留請求」を全国の裁判所が認めないケースが平成26年は、前年(平成25年)で1790件あり、10年前のおよそ5倍に増えたこととが日弁連のまとめでわかったというニュースがあった。
交通事故の逮捕と勾留については、当社ホームページのトップページ動画でわかりやすく説明しているのでそちらを参考にして欲しい。

勾留請求は検察官が裁判官に対して行うものであるが、警察としては一般的には「勾留の必要性について」という捜査報告書を作成して、検察官に対して警察としても逮捕した被疑者の身柄を継続して取り調べる必要があるということを報告している。
この勾留の必要性は刑事訴訟法によって厳格に定められている。

具体的には逮捕されている被疑者が
① 住居不定の場合
② 罪証隠滅のおそれがある場合
③ 逃亡のおそれがある場合
の3要件のどれかに該当していなければならない。

ひき逃げ犯人や、殺人、強盗、強姦、窃盗、詐欺など実際に逃走している被疑者を逮捕した場合であるなら、その後も十分逃走のおそれがある場合に該当するため裁判所としても勾留を認めるのが殆どのようである。
また、罪証隠滅のおそれというと実務上は物証のみならず供述証拠も含んでいる。俗にいう口裏合わせ工作なども立派な罪証隠滅のおそれと判断される。
また、逮捕事実となっている捜査結果について事実認定に際し「否認」や「黙秘」などしている被疑者の供述態度も罪証隠滅の恐れと許容されており、これが広く用いられている。

一般的な交通事故の場合は、被害の軽重にかかわらず被疑者が交通事故の事実を認めており、実況見分にも立ち合い、警察としても証拠保全が完了していれば勾留の要件を満たさないため
勾留請求をしない場合が殆どである。

それでは勾留しなければどうなるのか?
警察では被疑者を逮捕してから48時間以内に釈放して任意捜査として在宅で捜査を継続し、捜査が終結した段階で全ての書類を検察庁に送致するのである。

なにはともあれ、何をしてもこれほど自由な日本において身柄の拘束は重要な問題である。
捜査機関の勾留請求を却下する件数が5倍も増えているのは、裁判所も勾留の具体的な必要性の判断を厳密に3つの要件に絞って
判断するようになって来ているのだと思う。

コメントは受け付けていません。タグ :

2015年も交通事故調査・鑑定に全力で取り組みます

2015年01月01日 · 未分類

あけましておめでとうございます。
昨年中は、多くの方々との出会いがあり皆様には大変お世話になりました。
本年も交通事故調査、交通事故鑑定、検証に全力で取り組みたいと思います。

特に本年の目標はコンピュータシュミレーションを正しく、愚直なまでに厳正に操作することによって
これまでのシュミレーションによる交通事故鑑定の問題点を浮き彫りにしていきたいと考えています。

交通事故で苦しむ方々にとって何かしらのお力になることが当社の使命と考えております。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年 元旦

コメントは受け付けていません。タグ :

無効な交通取締り、宮城県警

2014年12月28日 · 未分類

どうしても古巣の宮城県警関連の事件事故問題は関心度合いが高くなる。
今回は交通取締りでは最も落ち度があり絶無が当然である無効な標識のよる交通取締り事案である。
12月25日、宮城県石巻市と名取市の市道15路線で法的効力gsない駐車禁止標識で2013年5月〜2014年11月まで、18人と1業者を誤検挙していた。
警察署で言えば石巻警察署と岩沼警察署で、共に私が勤務した警察署で事情がよくわかる。

県警発表によれば駐車違反の取締り対象範囲を変更したのに、既存の標識を撤去しないまま放置していたことが原因である。
取締りを受けた違反者からの申し出により標識が無効であることに初めて気付いた。

取締りを受けた人には反則金を還付し点数を抹消する。
それは当然の措置である。

これまでも類似案件は全国で度々散見され、私も各メディアに問題点を述べてきたところである。
必ずまた発生する。県警の自浄作用の中では無くすことが出来ない案件である。

仮に標識の撤去忘れであっても現場で取締りにあたる警察官は自分が取締りを行う標識の性質を事前に確認すべきである。
交通取締りとは意外と杜撰な管理の下で行われている現実の露呈である。

コメントは受け付けていません。タグ :

痛ましい交通死亡事故が相次ぐ

2014年12月21日 · 未分類

12月20日午前9時25分ころ、東京都葛飾区新小岩の都道でワンボックス車が右折禁止場所の交差点を右折したのを警視庁葛飾署員が発見、パトカーで追跡した。
ワンボックス車は約450メートル先の交差点に赤色信号無視で進入し、横断歩道を渡っていた千葉県市原市在住の21歳女子大生を跳ねた。女子大生は病院で死亡が確認された。

ワンボックス車を運転していた22歳の男は基準値を超えるアルコールが検出され、葛飾署は危険運転致死容疑を視野に捜査を進める。

本当に痛ましい死亡事故である。
女子大生とそのご遺族の立場になると、この事故の原因は右折禁止違反をしたワンボックス車の運転手と追跡行為に移行した警察官の行為である。
女子大生は全く、何の非もない純粋な被害者で、これほど理不尽なことはない。

右折禁止違反は道路交通法違反で、その段階では被害者はいない。
飲酒運転も無免許運転も、信号無視違反も一時不停止違反も、シートベルト不装着違反も・・・交通違反捜査とは、現実的な被害者が発生する前の、事故の予防的事件捜査ということを広く理解していなければならない。

どんなに悪質危険違反を犯した違反者を検挙するためという目的があったとしても、他人の命を犠牲にしていいという理屈は絶対にない。例外規定など設ける必要もない。
女子大生の21歳で奪われた命に対して「本当にお気の毒だったね、運が悪かったのよ」という風潮はいささかも容認する社会であってはならない。

唯一の交通取締り機関の責任で、右折禁止違反の危険性を取り締まる法益と追跡行為によって生じる第三者を巻き込む社会的危険性を判断すべきである。

私も覆面パトカーや白黒パトカーで交通法令違反の取締りに従事した。
取締り警察官として、違反者の後ろ姿が見えているうちは追いかけたい、追跡して現行犯で検挙したいという気持ちを何度も経験した。
しかし、たまたま私の運転するパトカーに同乗している相勤者の先輩が、素晴らしく誇れる先輩だった。
先輩は違反日時、場所、道路環境などを見て「行け、行け、一気に加速して後ろに付け」と指示する時と、「やめろ、放尾(追跡をやめること)しろ」と指示する時を明確に区別していた。
追跡を止めても中には安全な事後捜査によって違反を検挙したことも多数あるし、検挙に結びつかなかった事件も多数ある。
少なくても第三者の生命、身体、財産に危害を加えた交通事件捜査ということは一件も発生しなかった。
ちなみに、追跡行為は違反者に追いついたとしても安全に違反車両を停止させる手段はない。追跡中の警察官としては執拗に追跡することによって逃走意欲を無くすことを期待するか、自損事故によって停止せざるを得ない状態を待つしかない。

東京葛飾区の右折禁止違反は仮に追跡を止め、事後捜査によって検挙することはできたとしても確かに飲酒運転の検挙は無理だったかもしれない。
それを考えれば、いわゆる「逃げ得」の一種になる。
しかし、飲酒運転の検挙を逃したとしても、被疑者が飲酒運転検挙を免れ得をしたとしても、第三者の具体的被害者は発生していないのだからそれでいい。
警察官として交通法令違反の違反車両を取り逃したからといって処分を受けることなどない。
違反現認時にできる範囲で採証(証拠を集めておくこと)していれば、追跡行為をしなくても決して警察官の職務怠慢ではない。

交通法令違反を取り逃がしてしまったことによる社会的損失と奪われた21歳の命の損失は到底比較にならないほど命の重みは大きい。
土曜日の午前9時25分、東京都内で追跡が安全だと判断される道路環境などないはずである。

容易に防止することができた本当に痛ましい理不尽な交通死亡事故で残念である。

コメントは受け付けていません。タグ :

警察車両の交通死亡事故・客観的調査を望む

2014年12月21日 · 未分類

12月20日未明、岐阜県警岐阜北警察署の捜査用車が道路横断歩行者を跳ねて死亡させる
警察車両の交通死亡事故が発生した。

報道発表によれば、12月20日午前1時30分ころ、岐阜市六条福寿町の県道で、道路を横断していた大垣市宿地町に住む75歳の不動産経営者が岐阜北警察署の捜査用車に跳ねられ
病院に搬送されたが頭部を強く打ち死亡した。
事故当時の捜査用車は赤色灯は点灯しておらず、サイレンも鳴らしていなかった。
運転していたのは岐阜北警察署刑事一課の23歳巡査で、岐阜県警捜査一課35歳巡査部長も同乗していた。

現場の道路は片側2車線の直線道路で、信号や横断歩道がなく、23歳巡査から事故の詳細を聞き原因を調べている。

岐阜北警察署長は「亡くなられた方には誠にお気の毒です。警察官が死亡事故を起こしたことは大変遺憾で、原因は捜査で明らかにします」とコメントした。

岐阜県警は私の友人が交通事故捜査に不審を訴え闘っている。
私はその詳細は、岐阜県警の捜査に関する歴史的背景も伺っている。
どうか、本交通死亡事故に関して客観的な捜査を強く望みたいが・・・・・多少の不安は残る。

映像ニュースを見ると捜査用車の損傷は、本当に被害者は道路を横断していたのだろうか?と疑う損傷である。
後方から跳ね飛ばしたのではないだろうか?
そんな疑問が残った。

なにしろ、「亡くなられた方には誠にお気の毒です」というコメントである。
警察署長の手足となって活動している部下が起こした事故である。
奪った命を他人事のように、「お気の毒」などと哀れむ立場ではないように感じる。
「お気の毒」とういう言葉は「皮肉」で使う場合さえある言葉ではないか。

お亡くなりになられた被害者様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

コメントは受け付けていません。タグ :

増加する交通死亡事故

2014年12月19日 · 未分類

10806192_388295698002277_2115071258425792668_n

12月14日日曜日に名古屋出張で会議に出席した。
その会議には愛知県警交通総務課補佐が約20分講演をした。私はじっくり聞き入っていた。愛知県警の交通事故抑止活動のキーマンとなる警察官の講演である。
実はその最中にも交通死亡事故が発生していた。

写真は名古屋市在住のフェースブック仲間が当日のテレビニュースを撮影したものである。
なんと愛知県では4日間で10人の死亡事故が発生している。

そこで、愛知県警交通総務課補佐の交通事故抑止活動に関する講演内容を改めて思い返してみた。
やはり運転手本人に対する注意喚起に終始していた。
要約すれば警察のみに認められている取り締まりを強化していくということである。

FullSizeRender

12月13日、宮城県内の地方紙河北新報朝刊では
宮城県でも12月に入って5件6人の死亡事故が発生し危機感を訴えていた。
その方策は取り締まりの強化である。
県警交通企画課交通安全企画官のコメントも掲載されている。交通安全企画官は12月8日の交通事故コラムでも登場した方である。
「寒さも本格化し路面凍結など事故要因はさらに増える。これまで以上に危機感をもって取り締まりに当たりたい」と述べている。

取り締まりの必要性を否定するつもりなど全くない。
しかし、顕在化している死亡事故多発の抑止策として取り締まり強化を第一に掲げても
絶対に死亡事故は減少しない。

「取締り件数と事故発生件数は比例するデータがある」と県警はコメントする。
しかし、取り締まりを緩和したから交通死亡事故が増加したわけでもない。
取り締まりという警察機能を怠ったから死亡事故が増加してわけでもない。

取締りが必要であると同時に、交通教育は取り締まり以上に必要である。
その教育機関があまりに少な過ぎ、また適切な講師もいないのである。
長い歴史の中で失われた尊い命、傷ついた身体の意味を深く理解している教育機関が少な過ぎる問題を取り上げるべきである。

なぜ警察官にその教育ができないのか?
その答えは愛知県警交通総務課補佐が講演の中で述べた次の一文に表れている。
「私は警察官になってから10年白バイに乗車し、その後もずっと交通警察官として勤務し交通事故防止に取り組んできた。その間、被害者と言われる方とはほとんど接触しなかった。多くの被疑者と向き合ってきた。」

まさしく私が日本交通事故調査機構を作ったきっかけを表した一文であった。
警察官とは被疑者の取締り、指導、教育に適しているが、
今平穏に、平和に暮らしている人に対する防犯、教育は不向きな組織なのだ。
警察官とは今平穏、平和な暮らしが犯罪事件事故に巻き込まれて崩れていく真の悲惨さを知らないのである。

これは警察組織の欠陥ではない。
社会の構造的欠陥なのかもしれない。

交通安全教育、犯罪被害者支援という分野は取締り分野から切り離して組織すべきだと思う。

コメントは受け付けていません。タグ :

みやぎ交通死亡事故0キャンペーン

2014年12月08日 · 未分類

本年は4月から宮城県、宮城県警、河北新報が主体となって「みやぎ交通死亡事故0キャンペーン」という取組みを行っていました。
いかにも真新しい取組みのような広報ですが、その内容は旧態依然の踏襲だと思いました。
今年も残りあと1か月を切りましたが、交通死亡事故は前年を上回って発生しております。
結果を求めるならば、このキャンペーンは失敗だったのでしょうか?それともキャンペーンを実施していなければもっと死亡事故は増加していただろうから成功だったのでしょうか?

今日、日中の東北放送ラジオを聞きながら車を運転していたら、宮城県警交通部交通企画課の方がラジオの電話出演をしていた。
現在、みやぎ交通死亡事故0キャンペーンを実施中で、飲酒機会が増える12月は飲酒運転防止をさらにひろく県民に周知させるため徹底した取り締まりを実施するということでした。
毎年の恒例行事とはいえ素直に私も飲酒運転防止への取組み大賛成で、番組に「がんばれ」と応援メッセージをメールしようとさえ考えました。

しかし、交通企画課の担当者が説明した飲酒運転防止の取組み方策を聞き一気に興醒めしました。
宮城県警察本部交通部交通企画課の担当者によれば、

「飲酒運転には6つの失うものがある」ということでした。
① 命を失う
② 家族を失う
③ 仕事を失う
④ 社会的信用を失う
⑤ 免許を失う
⑥ お金を失う

取り締まり機関である警察ではやはりこうなってしまうのでしょう。
そう、飲酒運転をした本人に対して不利益処分を受ける戒めによって、飲酒運転根絶を主眼にしているのです。
それが間違いだとは言いません。もっともなことだし、私も警察官現職中はそう話してきました。

しかし、せっかく人材と経費をかけて広く県民に飲酒運転撲滅を訴えるキャンペーンを広報するのなら
③、④、⑤、⑥などは運転手の傲慢な身勝手が招くもので、そこに視点を向けて呼びかけるよりも、

もっと飲酒運転事故の犠牲になった方々の声を普及する広報に力をいれてもらいたいものです。

結局取り締まり機関としての警察組織にしてみれば、常に対象の矛先は飲酒運転をした被疑者の立場から考えざるを得ないのです。

ある日突然、平穏な家庭、生活を壊された被害者や遺族の視点というものは残念ながら警察活動の根底にはないのです。

飲酒運転をすること、飲酒運転を容認することは
「あなたの飲酒運転が、今平穏に暮らしている人の幸せを壊すことになる。」
「あなた自身が愛している人、大切な人の命が奪われる社会を無くそう」
という視点を、飲酒運転に限らず交通死亡事故抑止の啓蒙活動に取り入れることができないのでしょうか。

取り締まりは絶対必要だし、県警の他は取り締まりができないのですから徹底して取り締まりをして欲しいと思います。
しかし、安全啓蒙活動とは理不尽な行為によって突然身体、生命、財産が害される社会をみんなで無くそうということではないでしょうか。

みやぎ交通死亡事故0キャンペーン
はじまりはとても素晴らしかったと思います。

http://jikochosa.co.jp/blog/?p=1195

交通事故の理不尽さに怒りを感じました。
その後、2~3ケ月に一度の割合で、地元の河北新報で大きく紙面をとってキャンペーンを広報していました。
みやぎ交通死亡事故0キャンペーンのイメージステッカーデザインの募集、選定などというものありました。
特別賞を受賞した作品は交通安全教室などで活用するクリアファイルのデザインとして印刷されて使用されるということでした。
どれほどの費用対効果を期待してのキャンペーン取組みであったのか企画者の意図はわかりません。
しかし、交通事故防止が取り上げられて何十年も経った現在、企画に関する具体的な予算の使い方も出尽くし、
発想の限界感を感じずにはいられません。

みやぎ交通死亡事故0キャンペーン
その取組みはとても素晴らしいと思いますが、取組み方を進める主導的役割を担っている県警の視点に疑問を感じた今日のラジオ放送でした。

すべて私見です。

コメントは受け付けていません。タグ :

警察官の飲酒運転・熊本県警

2014年11月30日 · 未分類

熊本県警熊本東警察署の署員が道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙された。
熊本県警監察課によると、職員は11月23日未明、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、熊本市内の道路で飲酒件検問を受け検挙された。
熊本県警では逃走や証拠隠滅の恐れがないとして逮捕せずに任意捜査で対応した。
熊本県警監察課の次席は「現在捜査中であり、処分が確定した時点で詳細を発表したい」と延べ、また「厳正に対処したい」と話している。

酒気帯び運転を任意捜査、いわゆる赤切符処理する捜査手続きはよくわかるし、理解もできるが
現在調査中というのはどうも解せない広報対応だと感じる。
飲酒運転事実に関する捜査は現場で完了するもので、あとは組織内の対応の問題である。

ところで熊本県警では11月から3ケ月間を飲酒運転根絶広報啓発強化期間としている。
飲酒運転、無免許運転、交通事故
この3つは絶対に無くしたいと誰もが願っているのに、どういうわけか絶対になくすことができないのである。

警察官も例外ではなく、警察組織内でも飲酒運転は無くしたいと、警察官の職業倫理をもってすれば絶対に無くせるはず
と信じているのだが、現実は繰り返し発生している。

免許を取得する16歳になってからようやく飲酒運転は危険で法律で厳しく禁止している行為であると
教養を開始しても、遅すぎる。
警察官になってから、君たちは警察官だから飲酒運転はしてはいけないと教育をしても遅すぎる。

これは車社会に生まれた人として、生まれてから16歳に達するまでの間に
全ての人が教育を完了していなければならない問題である。

いつもそう感じる。

コメントは受け付けていません。タグ :